育児書の定番『子育てハッピーアドバイス』シリーズ。妊娠期からのママを支える「妊娠・出産・赤ちゃんの巻」吉崎 達郎 (著) 明橋 大二 (著)

キャンペーン
定番商品
セット商品
お得なまとめ買い
NUK
Sassy
メイド オブ オーガニクス
BOOKコーナー
キャンペーンブログ
Q&A
よもぎニュース
全成分表示
QRcode
商品詳細
子育てハッピーアドバイス
妊娠・出産・赤ちゃんの巻

子育てハッピーアドバイス
妊娠・出産・赤ちゃんの巻
吉崎 達郎 (著) 明橋 大二 (著)

育児書の定番『子育てハッピーアドバイス』シリーズ。妊娠期からのママを支える『妊娠・出産・赤ちゃんの巻』
育児とは、世界で最も重要な仕事である。母親になるあなたへ、安心して出産、育児を迎えられるヒント。
商品番号
BOOK02
商品名
子育てハッピーアドバイス

妊娠・出産・赤ちゃんの巻

吉崎 達郎 (著) 明橋 大二 (著)

販売価格
1,008円(税込)【1万年堂出版】

top bar

育児書の定番『子育てハッピーアドバイス』シリーズ。妊娠期からのママを支える『妊娠・出産・赤ちゃんの巻』


育児書の大定番『子育てハッピーアドバイス』シリーズの、妊娠期からのママを支える『妊娠・出産・赤ちゃんの巻』です。著者は、小児科医・産婦人科医の吉崎達郎先生と、明橋大二先生。

育児とは、世界で最も重要な仕事である。母親になるあなたへ、安心して出産、育児を迎えられるヒント。
安心して赤ちゃんを迎えるために、大切なことは、正しい知識と、パパや周りのサポート体制。「自分の受けた子育てを振り返る」「今からできる、安産のための体作り」「プレパパへのメッセージ」「陣痛は、こうして乗り切ろう!」「赤ちゃんの気持ちを酌んで、言葉にしてかけてゆく『言葉育て』」「ママと赤ちゃんを守る、母乳育児(悩みQ&A)」など、心と体の両面をカバーした充実の内容です。
初めてママに、勇気と幸せを贈ります。

【著者経歴】

吉崎 達郎
昭和48年、徳島県生まれ。大阪大学医学部卒業。小児科医・産婦人科医。大阪大学医学部附属病院産婦人科等をへて、真生会富山病院小児科。医学博士

明橋 大二
昭和34年、大阪府生まれ。京都大学医学部卒業。子育てカウンセラー・心療内科医。真生会富山病院心療内科部長。千里金蘭大学生活科学部児童学科客員教授。児童相談所嘱託医、スクールカウンセラー、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長

太田 知子
昭和50年、東京都生まれ。2児の母。イラスト、マンガを仕事とする
※経歴データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです。


【もくじ】

○はじめに
母親になるあなたへ、安心して出産、育児を迎えられるヒントを:明橋大二
妊娠・出産・育児の初期は、パパはママのサポートに徹することが大切:吉崎達郎


《 妊娠 》
(1)これから親になるあなたに、まず知っておいてほしいこと

(2)自分の受けた子育てを振り返る

(3)出産の主人公は、あなたと赤ちゃんです
・「この世に生まれよう!」という生命の力
・赤ちゃんとお母さんを真ん中に置いた、優しいお産
○コラム1  教えて! ソフロロジー式分娩法
・出産をプロデュースする
・命を守れ! 医師と助産師の連携
・本来持つ力を、もっと発揮したい

(4)病院選びは、パートナー選び
1.まず、自分に合った産院を探す
2.産前産後にわたって、サポートが充実している
3.退院したママの、母乳育児率が高い
・母乳育児率の高い病院が、主に行っていること
・さまざまな出産法
○コラム2  現代の産科医療に思う

(5)体の声に耳を傾けてください
・ママが楽になれば、赤ちゃんも楽に
・つわりはこうして乗り切ろう
・体重増加は、肥満ではありません
・和食のススメ
・今からできる、安産のための体作り
・妊娠中の不安あれこれ
・こんなときは、相談を!
○コラム3  短かったけれど、確かに存在した命

(6)プレパパへのメッセージ
1 妻をサポートする、6つのポイント
2 切り札は、「ぼくは何をすればいい?」
3 父親の自覚を持つために、お勧めなこと

(7)おなかの中から育む心の絆
・「いのち」が教えてくれること
・いちばんの胎教は?


《 出産 》
(8)もうすぐ出産、赤ちゃんの迎え方
・入退院の準備、焦らなくても大丈夫
・立ち会い出産はどうする?

(9)陣痛は、こうして乗り切ろう!
・お産の始まりをシミュレーションしておく
○コラム4  赤ちゃんのつらさを知ることが、子育ての原点


《 赤ちゃん 》
(10)赤ちゃんの持つ、素晴らしい力
・小さいけれど、決して無力ではありません
・答えは、赤ちゃんが知っている

(11)どうしても泣きやまない!
・赤ちゃんが泣くたびにミルクを飲ませていませんか?
・「抱きぐせがつく」というのは間違いです
・たまには思いきり泣くことも大切
・赤ちゃんが泣きやむツボを紹介します

(12)赤ちゃんの気持ちを酌んで、言葉にしてかけてゆく「言葉育て」
・ママもがまんせず、時には周りに甘えてしまいましょう

(13)ママと赤ちゃんを守る、母乳育児(悩みQ&A)
Q.本当に母乳育児はできるのですか?
Q.母乳が足りてないのでは?と悩んでいます。
Q.完全母乳で育てたかったのですが、体力的に限界です。
Q.すでに混合栄養です。ミルクに切り替えたほうが楽だと思うのですが……
Q.乳腺炎はとても痛いと聞きました。予防や手当て法はありますか?
Q.仕事に復帰したいのですが、母乳はやめたくありません。
Q.1歳を過ぎたら、断乳しなさいといわれました。

(14)離乳食は、いったんマニュアルから離れましょう
・スケジュールは、赤ちゃんが教えてくれる
・基本的な注意点

(15)イクメンになろう!
・ママがとっても喜ぶこと
・愛されパパは聞き上手

○出産という大仕事 心の疲れに、早めに気づいて

bottom bar